月の土地」のオーナーになれる!


はじめてのホームシアターセット

0

    JUGEMテーマ:ホームシアター

    映画館の臨場感を家でも味わいたいという方々が求めるのが

    ホームシアターです。

     

    立体感のあるサラウンド音響で、「非日常」の世界に誘ってくれる

    ホームシアターは簡単にセットできます。

    昔は、プロジェクター、アンプ、沢山のスピーカーをつなぎ合わせて

    大変な思いと高い費用をかけてセットアップしたものですが、

    最近ではロープライスのものはアンプとスピーカー一体ものも有って、

    費用もリーズナブルで簡単にセット出来ます。

     

    最近では薄型テレビの性能が向上してフルHDTV(4Kテレビ)のように

    高精細な画像は楽しめるようになったものの、音響のほうが不釣り合いに

    貧弱なので、十分なAVライフがそのままでは楽しめません。

     

    そこで、音響部分の増強でホームシアターを作り出そうというブームが

    起こっています。

     

    音響システムは、スピーカーシステムで、

    基本はステレオでフロントスピーカー2本の2chです。

    これに重低音用のサブウーファーを追加すると、2.1ch

    (サブウーファーは低音域だけなので、0.1chとカウントします)

    になります。

    更に、人の声の再生の為のフロントセンタースピーカーを加えると、

    3.1chスピーカーシステムになります。

    これに加えて後方の左右に2本のスピーカーをセットすると5.1chに、

    真後ろに2本のスピーカーを足して7.1chが完成します。

     

    AVのソフトは、DVDが5.1chで、BDが7.1chで一般に収録されているので、

    フルに楽しもうと思えば、7.1chシステムまで揃えたいところではあります。

     

    しかし、AV機器の性能の進化は目覚ましく、2.1chでも3.1chでも

    バーチャルサラウンド(錯覚を利用して立体感を出す)

    やフロントサラウンド(前方のスピーカーから出す音をコントロールして
    壁面反射を利用してサラウンド効果を得る)で十分立体感を楽しめます。

     

    色々と書きましたが、

    初めてのホームシアターシステム構築には、

    2.1chでも3.1chでもバーチャル又はフロントサラウンドのホームシアターで

    十分楽しめます。

    出来れば、3.1chでアンプが5.1ch対応済のものを買えば、

    将来スピーカーを2つ買い足してリアル5.1chシステムが構築出来るので、

    お勧めです。

    更に、値段はあまりかからないので、

    bluetooth対応のホームセンターにしておけば、スマートフォンやiPodやパソコンの

    音楽ソフトなども楽しめるので、多様な楽しみ方が出来ます。

     

    ームシアターシステム@ヤマダウェブコム

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    雑誌のFujisan  楽天トラベル



    楽天


    ブログランキング

    ヒューマンアカデミー

    お手軽ネットバイト AdMax

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:83 最後に更新した日:2018/03/21

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM